まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

自分の身体をもっと労(いたわ)ること

今日は私が以前経験した「めまい」について書いてみます。

割と多くの方が「めまい」では悩んでいらっしゃると聞きますが

皆さまはいかがでしょうか?

 

一口に「めまい」と言っても原因はさまざまのようですが

今日私がお話するのは『良性発作性頭位めまい症』についてです。

 

難しそうな長い名前で、舌を噛みそうですが

あの元女子サッカー選手の「澤 穂希さん」がかかった病気として

知られるようになった病気です。

(そういえば現役選手の頃、一時期、体調不良で

試合を欠場されていたことがありました。)

 

この病気に私が悩まされたのが約5~6年前のこと・・・

ある日、いつものように眠る時間になって枕に頭を置いた途端

目を閉じているのに、グルグルとまわる感覚に襲われました。

 

若いときに、貧血や立ちくらみで「めまい」がしたことはありましたが

身体を横にしているのに「めまい」が起きるなんて

いったい私の身体はどうなっているの!?と不安にはなったものの

昼間の生活では困ることもなかったので

数日間様子をみることにしました。

 

めまいの症状というと「メニエール病」を思いつきますが

自分では判断がつきません。

ということでネットでいろいろ調べてみたら

私の症状にピッタリくるのが『良性発作性頭位めまい症』だったのです。

 

良性発作性頭位めまい症とは、その名前の通り、発作的に突然

頭の位置を変えた時におこるめまいのことです。

生命の危険がなく、後遺症も残らず、治療をしなくても自然と

軽快することも多く、ぐるぐるまわるようなめまいの原因として

一番多いとされています。

 

原因は簡単に言うと、内耳の奥にある小さな砂粒のような耳石(じせき)が

何らかの原因で剥がれ落ち、半規管内へ入り込んでしまい

平衡感覚に障害がおこるから、だそうです。

 

f:id:mannaka2:20210303213838j:plain


原因も分かり、心配することはない、と安心したものの

横になったときのめまいは続いていました。

そこで見つけたのが、簡単に自分で症状を軽減出来るという「エプリー法」

 

You Tubeでいろいろ紹介されていました。

“良性発作性頭位めまい症”もしくは“エプリー法”で検索してみて下さい。

どれも横になって、頭を右や左に動かすという簡単なやり方です。

私もそのなかの幾つかを試したら、すぐに症状は消えてしまいました。

とはいえ、今でも予防のために毎日続けています。

 

もし皆さまのなかに「めまい」でお悩みの方がいらっしゃたら

少しは役に立つかな、と思って書いてみました。

 

私はたまたま病院にも行かず自己判断でやったことで

解決には至りましたが、もちろん勝手に判断するのは危険ですから

たとえ良性であっても、まずは病院へ行かれることをお勧めします。

※めまいの中には、さまざまな病気が隠れていることもあるようですから。

 

参考のために「良性発作性頭位めまい症」と「メニエール病」

の違いについて書いておきますね。

 

同じめまいでも、「良性発作性頭位めまい症」の場合は

10秒から20秒の短い時間でおさまるのが特徴。

「メニエール」はめまいが20分以上続き、めまい以外に

聞こえが悪い、耳がつまった感じ、耳鳴りがする、のだそうです。

 

さて、若い頃に生協で、いろいろ活動していたことがあります。

そのときに知り合って仲良くしてもらった年上の方々が

(当時は今の私よりも若かったのでしょうけど)

 

『歳をとれば身体のどこかに不調を感じても当たり前

それだけ長いあいだ身体を使ってきたってことよ

と、サラリと笑いながら話されていたのを思い出しますが

無理がきかない年齢になったことも確かです。

 

「良性発作性頭位めまい症」は更年期障害の一つとも言われています。

更年期障害も人によってさまざまのようですが

酷使してきた身体が悲鳴を上げるのかもしれませんね。

『もっと私の身体を大切に扱ってほしい』

そう言っているのでしょう。

 

ということで、自分の身体を労ることが必要なのかもしれません。

若い頃のようにはいかないことを肝に銘じ

例えば、ゆっくりお風呂に入りながら、コリをほぐしたり

自分の身体に感謝の気持ちを伝えることとか・・・

「今まで長い間頑張ってくれて、ありがとうね」、と。

 

********************

  

前回の記事は記念すべき(?)100回目の記事であったことから

何人もの方からコメント(ブックマークを含む)をいただき

お祝いの言葉を本当にありがとうございました。

 

また、コメントだけでなく

そのお気持ちをスターで押していただいたりと

皆さまのお心遣いには心より感謝申し上げます。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村