まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

見えないチカラに守られること

以前の記事でこういうことを書きました。

mannakade.jp

 夢中になれる何かが欲しい、なんて

本当は「隣の芝生は青く見える」贅沢なこと・・・

 

そう思っていましたが、ふと気付くと

あれっ!?有り難いことに

今夢中になっていることが、あるではありませんか!

それも念願叶って、寝食を忘れるほどになりかけています。

 

もちろん、まだ忘れてはいませんが

食事の支度などの家事を後回しにしたいなあ、と思うくらいに!

 

食べるためには、一応それ相応の準備は必要なので

仕方ないと思いながらも、手を止めますし

年齢を重ねて、自分の身体を労る術も覚えたので

さすがに、ある程度の時間になると眠りにつきます。

 

寝食を忘れるほど夢中になるのに必要なのは

『若さ』というエネルギーなのでしょうね。

 

前置きが長くなりました。

いったい何に夢中なのか、それは「編み物」です。

一口に編み物と言っても

かぎ針編み棒針編みレース編みなどいろいろあります。

 

若い頃は棒針編みで、家族のセーターを編んだりもしましたが

最近では数年前にスヌード(端が繋がって輪のようになっている)を

編んだくらいでした。


f:id:mannaka2:20210225101845j:image

 

そして昨年からテレビのCMで流れていたので

ずっと気になっていのがこちら・・・

 

hcj.jp

 

申し込んで、届いたのが約2週間前のこと。

始めは出来るかどうか不安でしたが、とりあえずやってみよう。

ちゃんと学んだこともなく、あくまでも独学で編むことしか知りません。

 

f:id:mannaka2:20210225100534j:plain

 

ああ、恥ずかしい!アップには耐えられないんですが

で、この2週間の成果がこちら。



f:id:mannaka2:20210225174722j:image


縁がゆがんでいるのは、手がまだ慣れていないせいということで(笑)

 

このあとは待ち針を打ってスチームを当て

カタチを整えなければなりません。

最終的には、各々のモチーフを繋げて

大きな作品に仕上がる予定です。

 

(編み物が得意な方から見れば、ヘタなことがまるわかりですが

どうかここは目を瞑って下さいませ)

 

この編んでいる最中というのが

頭の中にあるのは、編み図の通りに編んでいくこと

ただそれだけで、日常の雑多なことは全く排除された状態です。

 

今までになく脳を使っているという実感があります。

どうすれば綺麗に編めるのか、力加減やコツを掴もうと

必死で頭の中ではさまざまな細胞が働いている、そんな感じです。

 

 

なかなか思うような出来栄えでなかったり

途中で間違えていることに気づいたり、で

もったいないけど、全部ほどいてやり直すことも多く

思うようには進みません。

 

でも、苦労して何とか仕上がったときの達成感と充実感!

こんな気持ちは久々に感じるものでした。

 

f:id:mannaka2:20210226092015j:plain

 

話は変わりますが、最近ウォーキングの途中ですれ違った

数人の女子高校生の通学カバンに

フェルトで作った可愛いマスコットの人形が揺れていました。

 

何十年も前、私が高校生の頃も同じようなことをしていたので

あれ?今も流行っているのかな、と懐かしく当時のことを思い出しました。

 

f:id:mannaka2:20210225104219j:plain

 

 

赤と緑のフェルトを使って「りんご」のマスコットを作り

好きな人にプレゼントをしたことがあります。

あの頃は好きな人のために手作りのモノを作ることが

楽しくて仕方ありませんでした。

 

さすがに手編みのマフラーは出来なかったけど

処分したジーンズの生地で、ペンケースを作ったこともありました。

今思えば、よく作ったなあ、どうやって作ったんだろうと

自分でも思い出せないくらいなんですけどね。

 

手作りと言えば、休日に出かけるときは必ず

サンドイッチやおにぎりも早起きして作っていました。

コンビニなんてない時代でしたし

何気にお料理上手(?)をアピールしたかったんでしょうか(笑)

 

とはいえ今の時代だって、きっと若い方は

好きな人のために手作りをされていることでしょう。

 

私が今夢中になっている編み物は自分のためですが

上達したら、誰か(家族や友人)を想って

作ることが出来るようになりたいものだと思います。

 

誰かのこと、特に好きな人のことを想って作ると

思う以上のパワーが出てきて、自分も元気になりますものね。

 

“母さんが夜なべをして、手袋編んでくれた・・・”

の歌のように、愛情がこもったものを作ることが出来たら

相手だけでなく、自分も豊かな気持ちになれます。

編み物だけでなく、もちろん料理やほかのこともそうです。

 

「相手を想う気持ち」という目には見えないものが

実は目で見える世界も変えてしまうチカラがあるのは

皆さまがご存知の通りですから。

 

気持ちがこもった料理や、気持ちがこもったモノに囲まれるということは

その人の周囲に柔らかくて温かなシールドというか

バリアのようなモノが張られ、守ってくれるような気がします。

 

たぶんモノが介在しなくても、相手を想うだけでも

そのチカラは作用するのでしょうけど。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村