まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

ささやかな喜びを感じるとき

その日も、いつものようにウォーキングに出かけました。

たいてい家を出る時間は決まっていて

いつものコースを黙々と歩いていくのですが

前方から来られる女性の方が

とても楽しげで軽やかな足取りであることに気付きました。

 

帽子も被っていらっしゃるし、もちろんマスクもされているので

表情はまったく分からないのに

楽しそうな気分が伝わってくる歩き方だったのです。

一瞬で私まで明るく心地よい気分になることが出来ました。

そして私とすれ違いざまに軽く会釈をされたので

思わず私も「こんにちは」と挨拶することが出来ました。

 

そして、どうやったらあんなに楽しげに歩くことが出来るのだろう、と

少しばかり歩き方を研究してみたりもしました(笑)

歩く姿で人に喜びを与えることが出来るなんて!

 

ほんの少しのことなのに、人はこんなにも影響されるものなのですね。

振り返って、逆に私とすれ違う人たちから、私はどう見えているんだろう

どんな感じを与えているのかなあ、と気になりはじめました。

 

私が歩くコースは以前の記事でも書いたように

河川敷で遊歩道になっているので

ランニングやウォーキングをしている人もけっこういて

お馴染みの方をよく見かけます。

 

あるとき、毎日のようにすれ違う女性の方に

私のほうから「こんにちは」と挨拶してみました。

当然のことながら返事が返ってくるものと思ったのですが

私の声が聞こえなかったかのように、無表情で通り過ぎて行かれて

何となく、気まずい思いをしたことがあります。

 

まあ、誰とも分からない人間から挨拶されて困られたのだろう、と

気を取り直してウォーキングを続けたのですが

もちろん、その後も毎日その方とはすれ違っています。

 

いろんな人がいるので、反応もさまざまでいいのですが

たった一時間ぐらいのウォーキングなのに

多少の感情が揺れ動くというのも面白いものです。

 

最近は枯れ草色に覆われていた河川敷も

わずかばかり、ところどころ緑色が増えてきました。

毎日見る景色なので、たぶん気のせいかな、と思うくらいの増え方です。

日当たりが良い場所の草むらには小さな花の蕾も

チラホラと見かけるようになりました。

 

ひっそりと、抜き足差し足で「春」が近づいてきているようです。

そんな何気ない季節の移り変わりを感じるときにも

小さな「幸せ」と「喜び」をもらいます。

 

 

f:id:mannaka2:20210124172136j:plain

 

話は変わって、私がいつも買い物に行くお店での出来事です。

そこはJAさんが経営している産直のお店、ちょっとした道の駅のようなお店です。

近隣の農家さんが出荷されているお野菜・果物、こだわりの卵、

手作りのお漬物、お惣菜、安心素材で作られたパンなどがたくさんあります。

スーパーでは手に入らないような商品もあるので

買い物の際は、まずは一番にこの店に寄ることにしています。

 

値段が表示されているラベルには、生産者のお名前が記載されているので

私は自分が気に入った商品を〇〇さんという方が作っていらっしゃるんだなあ、と

その方に思いを馳せたりもします。

 

昨日もその店に買い物に行き、必要なものをカゴに入れ

ちょうどレジに行きかけたとき、可愛いチューリップの花が

切り花のコーナーから私に目配せをしているような気がしました。

そして、あまりに可愛かったので手に取ってカゴの中に・・・

 

レジの方はよく私に声をかけてくださる人でした。

「今日は寒いですね」とか「天気がいいですね」とか

気軽にお話してくださるのですが、カゴの中のチューリップを見て

「あら、可愛い、こんな季節になりましたね」と言われたのです。

「そうですね、思わず手に取ってしまいました」と私、すると

「きっとこの花が似合うような家にお住まいなんでしょうね」

思いもかけず嬉しい言葉が返って来ました。

 

ちょっとした会話でしたが

私はその日、幸せな気持ちで過ごすことが出来ました。

そして、さりげなく人を喜ばせる話が出来る人って凄いなあ、と

又々、我が身を振り返ることになりました。

 

平凡な日常のなかにも「喜び」を感じることはたくさんあります。

楽しげに歩いている人を見ただけでも

さりげない言葉掛けをしてもらっても

自然の移り変わりを感じることが出来るだけでも・・・

 

気負うことなく、さりげなく、喜んでもらうようなこと

私は出来ているのかなあ、ここ数日の出来事に思ったことでした。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村