まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

素直に自分を認め諦めることにしたという話

長年かかって、やっと諦めることが出来たこと・・・

それは何てことはない「髪型」です。

 

生まれつきの癖毛ということは

何十年も前からわかっていたことなのに

自分の中では、それぞれの時代に応じて理想の髪型というのがあったので

果敢にも挑戦する日々を続けたこともありました。

 

癖毛といっても、特に目立つわけでもなく

軽くウエーブするくらいで、気付く人は誰もいないのですが

やはり一度はサラサラのストレートヘアになってみたい

そうCMで流れるようなあの髪に、と思うものです。

 

そして何度かストレートパーマにも挑戦しました。

なのに私の癖毛は見事にそれに打ち勝ち、わずか数日で元通り!

ある意味立派だとも言えましょう。

 

立派なのは癖毛だけではありません。

馴染みの美容室では「相変わらず密集してますね!」

今でも毎回そう言われます(笑)密集ですよ!?

 

歳を経るに従い髪は細くなり、少なくなるという通説を覆し

髪の量がとても多いのです。

当然のことながら、ドライヤーで乾かすのも時間がかかります。

(すみません、贅沢な悩みかもしれませんが・・・)

 

というわけで、私の髪型は「ショートヘア」

選択の余地などあろうはずもありません。

何十年もかかって、やっと悟りの境地に達しました。

無理なものは無理、自分のこの癖毛を受け入れよう

私の髪質には何も手を入れない

「ショートヘア」がベストなのです。

 

もちろん世の中には縮毛矯正などの技術で

癖毛を直毛にすることが出来るのは知っていますが

そこまでして自分の願いを叶えたいかというと

ちょっと違うなあ、と思ってしまうのです。

 

f:id:mannaka2:20201221110234j:plain

 

髪が短いと手入れが簡単だと思われますか?

それがそう簡単にはいかないのが

パーマにも打ち勝った私の癖毛なのです。

 

こちらの思いなど完全無視して、後頭部はあっちに跳ねて

前髪はこっちに跳ねてと自由奔放やりたい放題!

見るに見かねての美容室通いも頻繁になります。

 

いつもカットしていただく先生とは

何十年ものお付き合いで髪質は熟知してもらっているので

椅子に座って他愛ない話に興じているうちに

ちょうど良い状態に仕上げていただけます。

 

というわけでかなり長い間、ずっと髪型は変わっていません。

そのせいか久しぶりに会った人からは

全然変わってないわねえ!と驚かれます。

はい、おかげさまで全然変わっていませんよ髪型だけは・・・←(心の声)

 

髪型が変わらないということでの利点も少しはあります。

接客の仕事をしていたときに時々お客さまが私を訪ねて来られるのですが

大抵の場合は「ショートヘアの人・・・いますか?」でした。

それで覚えてもらっていたようです。

  

この先、ひょっとしたら多少なりとも髪質が変わったり

髪の量も少なくなるかもしれませんが、そのときはそのとき

とりあえずは「ショートヘア」を貫くことにします。

 

洋服や靴やバッグなどを変えることは、気持ちも新たになるし

そういうオシャレを楽しむ一つが、時々髪型を変えることなのに

きっぱり諦めるしかありません。

 

ひとつ悟りの境地に近づいたと思って

素直に自分を認めることにしましょう(笑)

人生『諦めが肝心』というではありませんか。

 

諦めるということで簡単に楽になれるのに

しがみついて諦めきれないことが何と多いことか!

いつまでもくよくよ考えずに

きっぱり諦めることは精神衛生上も良いですね。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村