まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

やなせたかしさんの世界が一服の清涼剤だったこと

やなせたかしさんといえば、誰もがすぐに「アンパンパン」

思い浮かべることでしょう。

 

アンパンパンは有名ですが、やなせたかしさんが創刊から30年間

すべての表紙画を描き、編集もされた『詩とメルヘン』という雑誌を

ご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

メルヘンという言葉に可愛くて子どもっぽいイメージを

抱かれるかもしれませんが、この本は叙情的な散文という感じでした。

 

f:id:mannaka2:20201214174701j:plain

 

1973年の創刊から2003年の休刊にいたるまで

30年間で通算385号まで出版された本です。

学生の頃から大好きだった「詩」とそれに合う絶妙のイラストがつけられた

その冊子は私にとっては、まさしく一服の清涼剤ともいえる本でした。

この本はちょっとふしぎな本です。

非常に個人的な偏見と趣味に偏してつくられています。

すべて読みやすくということが主眼で大きな活字で

ザックリと組みました。

読者層は十歳から九十歳ぐらいまでを対象にしました。

本職の詩人もいますが、大部分は全くの無名の詩を

ガリ版刷りの同人誌や手描きの詩集からひろいあつめました。

この本ははじめからものすごく大量に売れることはないと覚悟して

わがままに自由につくってありますが

それでもできるだけぜいたくをしました。

商業主義に毒されたくはありませんが

全く売れなければ一号だけでつぶれます。

一万部売れれば収支トントンで次号がだせます。

さて、どうなりますことか。あなたは買いますか?

 

創刊号編集前記には上記のように書いてあります。

あなたは買いますか?という終わりの言葉に

はい、よろこんで、と私は何年も買い続けました。

 

本当にぜいたくな内容で

無名の方の詩にやなせさんがイラストを描いたりされています。

 ⬇

f:id:mannaka2:20201214190909j:plain

 

同誌からは数多くのプロのイラストレーターや詩人を輩出しています。

(安野光雅さん、葉祥明さん、宇野亜喜良さん、杉浦範茂さん、ほか多数)

 

下の写真のイラストは葉祥明さんです。

f:id:mannaka2:20201214190943j:plain

 

皆さまのお手元にある絵本や冊子の中にも

そういうイラストレーターの方が描かれた一冊があるかもしれませんね。

 

読者の投稿から詩を選ばれることもあって

恥ずかしながら、私も何度か挑戦したのですが

さすがに選ばれることはありませんでした。(当然の話)

 

その後、幸いなことに私は一度直接、やなせさんにお会いして

お話する機会に恵まれたことがあります。

ちょうどアンパンマンの絵本が知られるようになった頃

やなせさんが来福されて書店でサイン会が開かれたのです。

 

喜び勇んで、幼い娘を抱いて私は会いに出かけました。

その当時はまだ、やなせさんの名前に飛びつく人は少なかったのか

書店に着くと誰もいない状態で、私が一番に駆けつけたような感じでした。

 

娘のためにアンパンマンの絵本を購入し

やなせさんのサインを頂いたあと

私がずっと「詩とメルヘン」のファンであったことなど

少しの時間お話することが出来きました。

 

想像していた通り、やなせさんは優しく穏やかな笑顔で話を聞いたあと

握手していただき至福のときを過ごしました。

私にとって同誌は、日常の雑多なことを一時忘れて

穏やかな自分だけの世界に浸れる、一服の清涼剤ともいえるものだったので

それを生み出してくれたやなせさんには、本当に感謝しています。

  

アンパンマンに関しては絵本は一冊しか持っておらず

アニメも観ていないので詳しいことは知らないのですが

「詩とメルヘン」を通して知ったやなせさんの世界は

思いやり、優しさ、自己犠牲、強く生きるということ

愛情深さ、切なさ、生きる喜びや悲哀、などを含んだ

人間らしさでした。

 

詩は小説のように長文ではないですが

短い言葉の連なりの裏には、生き生きとした世界が見え隠れして

それに添えられたイラストはまるで映画のように

一生忘れられないほど心に刻まれることも・・・。

 

さて、皆さまにとっての一服の清涼剤は何でしょうか?

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村