まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

仏滅なんて怖くない『何事も経験に勝るものなし』

実家が本家だったこともあり、幼い頃からよくお寺に行ったり

ご住職のお話を聞く機会が多くありました。

仏教のことはよく分かっていないとはいえ、そのお話がたいそう

面白く感じられ、私にとっては楽しみな時間でもありました。

 

さて以前、知人のお通夜に参列したときに耳にした

ご住職の発言がとても意外で、私にとっては拍手を送りたい

と感じたほどだったので、ご紹介したいと思います。

 

お寺さまといっても、宗派はかなりたくさんあるので

一概には言えないとは思うのですが・・・

(ご住職もそのことは念押ししておっしゃっていました)

 

大安吉日とか仏滅、今日は日がいい、日が悪いなどの言葉を

普通に使ったり、耳にする機会も多いと思います。

ご住職は、『そんなことに惑わされる必要はない』

ユニークな博多弁を交えながら話されたのです。

 

そして『戒名によって値段が違うなんて、とんでもない!』とも。

私も以前からそう思っていたので

出来ることならその場で拍手をしたいような

不謹慎ですが微笑みたくなってしまうような

そんな気持ちになったというわけです。

 

結婚式というと、もちろん「大安吉日」を選ぶのが当たりまえ

まだまだそんな風潮は強いと思います。

そんな大安吉日を選んで式を挙げたカップルが

うまくいくかどうかなんて、もちろん関係ないことは

誰もが分かっているとは思うのですが。

 

たとえ、その後うまくいかなくなっても

それはそれで「あり」だと思います。

人生なんて人それぞれ、各々が自分の道を歩めばいいことなので。

とはいえ式の日程を決めるときは、うまくいくことを望んで

選んでいるはずなのです。

 

そして誰もが忌み嫌う「仏滅」や「友引」

ネットで検索すると今だに縁起が悪い日の意味になるようですが

昔に比べるとカレンダーの表記は少なくなっているようです。

それは六曜が根拠のない迷信とされ、差別に繋がるからという

動きが出てきているからです。

 

この『六曜(大安、仏滅、友引など)』と言われているもの

実は仏教とは何も関係がない、ということを

仏具店に勤めていた知人から聞きました。

 

昔、中国で争いが多い時代に「物」が無くなってしまい

そのことを「物滅」と言っていたのが

いつの間にか「仏滅」に変化し

その争いをしばらく止めよう、共に引き分けにしようとしたのが

「友引」と言われるようになったのだとか。

 

友引にお葬儀をしたら良くないというのが通説ですが

だからといって、何か悪いことが起きたという話は

聞いたことがありません。

 

六曜以外にも、けっこう振り回されている情報は多いのかもしれませんが

ただの迷信なのか、ほんとうに意味があることなのか

「信じる、信じないは、あなた次第」でしょう。

どこかで聞いたようなセリフになってしまいました(笑)

 

英語圏とフランス・ドイツなどでは「13日の金曜日」が

不吉な日として知られていますが

実はこれもわざと偽の情報を広めたものだと聞いたことがあります。

(真偽は確かめようがないので、悪しからず・・・)

 

日本では「4」や「9」の数字が好まれない風潮ですが

私が小学生のときに受けた珠算検定で

何と受験番号が「49番」だったことがあります。

それを見た同級生の男の子が

「うわ~、その番号は不吉やね、試験は落ちるぞー」

と言ってきたのです。

 

その言葉で内心は不安になったものの、結果は楽々合格でした。

自分自身で経験したことなので、そういう言い伝えみたいなことに

振り回される必要はない、ということを学ぶことが出来ました。

『何事も経験に勝るものなし』ですね。

 

f:id:mannaka2:20201201111238j:plain

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村