まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

お腹ペコペコになる⇒腹八分で満足する、という健康法

実は私、恥ずかしながらたぶん「健康オタク」です。

身体にいいということには、何でも興味があります。

過去記事でもそういうことを書いてきました。

 

以前誰かに言われたことがあります。

「健康な人に限って、健康オタクだ」みたいなことを。

かといって不健康な人が

健康法に興味がないわけでもないとは思いますが。

 

日々の暮らしを楽しむためには、心身の健康を抜きにしては語れません。

今はありとあらゆる健康法が巷には溢れていて

どういう健康法をチョイスするのかは難しいですが

(「合う」「合わない」があるはずなので)

とりあえずはやってみるしかない、ということでしょうか。

 

一口に「健康法」と言っても、そこには

肉体的、精神的という意味も含まれることになるとは思います。

 

「健康法」と同じくらいに興味があるのが「食事法」です。

食べることそのものが健康に直結することなので

意味としては同じになるのかもしれません。

 

健康的な食事といえば「玄米菜食」が上げられますが

まあそれは自己選択の範囲内ということで

これを食べたら健康になる、と断言できる話でもありません。

 

それもふまえて、これから書くことも私が思う健康法なので

そうかもね~、ぐらいの感じで読んでいただけたらと思います。

 

さて、食事を美味しくいただくには

何はともあれ、お腹ペコペコになっていることが必須ですね。

そういうときは、塩おにぎりだけでもご馳走に感じることでしょう。

 

現代は飽食の時代と言われています。

小腹が空いて、手を伸ばせば何でも手に入ります。

かくいう私も、甘いものがあればそれなりの幸せを感じますし

一切の間食をしないわけではありません。

 

以前聞いた話ですが、お腹が空いたときに

すぐに何かを食べるということを我慢すると

小腸から「モチリン」というホルモンが分泌されるそうです。

 

その働きというのが

体内に溜まった老廃物を体外に排泄しようとすること。

そして、人間の70%の免疫を握っている「小腸」を刺激して

免疫の活性も起こしてくれるというのです。

 

というわけで、なるべくお腹ペコペコになる努力?を

しようとしているのですが、これがかなり難しく

時間がきたら食事をしなきゃあと、つい食べ物に手が伸びてしまいます。

 

実はお腹ペコペコの状態で食事をするから

たくさん食べてしまうかというと、そうでもありません。

間食をしたときのほうが、逆にダラダラと食べ過ぎたりもします。

 

健康には腹八分が良いとは言われますが

「食欲」に負けてしまい、つい満腹をめざしてしまいます。

お腹ペコペコになる⇒腹八分で満足する

という理想のサイクルにするには

まずは間食を我慢する強い意志が必要のようです。

 

実際に「健康法」を実践出来ないのでは

自称「健康オタク」とは言えないのかもしれませんね。

 

ちなみに、以前は口内炎ができかけて酷くなる前に

食事の量を減らしてみたら

いつの間にか自然消滅してしまったことがあります。

それ以来、口内炎が出来るかなと危ぶまれるときは

食事に気をつけることで悪化しないですむようになりました。

 

今までは風邪をひいたら、たっぷり睡眠をとって

栄養がある食事をするということが通説でしたが

最近では少食少飲のほうが良いとも言われています。

 

私自身も食べ過ぎの傾向があるときは

調子が悪く感じられるので

自分で自分の身体のことを客観的に観察するのも

ときには必要だなと思います。

 

人類の長い歴史の中では「飢え」の時代が長かったので

私たちの身体は飽食を望んでいないのかもしれません。

実際、断食による身体のリセットはよく知られた話ですね。

 

f:id:mannaka2:20201130114310j:plain



 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村