まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

「まあ、いいか」実は癒やしの言葉

私が今までやってきた仕事のなかで、一番長く続いたのが

ある会社の営業事務の仕事です。

一応子育ても一段落していたので、

正社員として12~13年働いていました。

 

その会社で、私の後輩として入ってきた20代のMちゃん。

始めは年齢差があることもあり

いかにも今どきの若い子という印象が拭えませんでした。

 

マイペースで、どちらかというと周りに気を使わないタイプ

仕事はそれなりに出来るようにはなったものの

時々ミスが発覚し、私がその尻拭いをするはめになることも!

 

始めは「もう~、何とかして」という気持ちでしたが

あっけらかんとしているわりには

さりげなく影で私の仕事を助けてくれるようになり

いつの間にか、可愛く思えるような存在に変化していきました。

 

ただ口癖なのか、時々声に出す「まあ、いいか」という言葉。

仕事中に、そんなセリフを言われると

「は!まあ、いいか?仕事をなんだと思ってるの?」

という気持ちになってしまいます。

 

そんないい加減な気持ちで仕事をして欲しくない

そう考える私は、どちらかというと完璧主義で

物事はキッチリしないと気が済まない性格でした。

それはそれで、自分の首を締めていたのかもしれませんが。

 

本来ならば、Mちゃんを指導する立場だったので

注意することも出来たのでしょうけど

なぜか、「まあ、いいか」を言う彼女に対して

苦笑いしながら「又、そんなこと言って!」と軽くあしらうことしか

出来ないのが、自分でも歯がゆい思いでした。

 

結局のところ、その後数年間、一緒に仕事はしたのですが

思いがけない「おめでた」を理由に彼女は退職となりました。

 

それからしばらくして、あることがきっかけで彼女の口癖だった

「まあ、いいか」の言葉を思い出すことになりました。

 

以前の記事でも書いたのですが

定年まで働こうと思っていたその会社に

降って湧いたような「M&A」の合併話が持ち上がり

精神的にかなり追い込まれるような状態になったからです。

 

「まあ、いいか」あれほど良い印象がなかった言葉だったのに

その言葉を言うと、自分の気持ちが楽になる気がしたのです。

そんなに頑張らなくてもいいよ、そう言われたような・・・

なるようにしかならないし、自然の流れに身をまかせようと

素直に受け止められる気持ちになりました。

 

そして今更でしたが、Mちゃんは自分で自分を楽にするために

その言葉を言ってたんじゃないか、と思えてきたのです。

あっけらかんとしているように見えて

実はいろんなことを気にしていたのかもしれません。

 

気にしている自分がいやで「まあ、いいか」そう言うことで

無意識のうちに、自分を追い込まないようにしていたのかも。

ごめんね、もっと早く気付いてあげれば良かったのに・・・

私は自分の仕事のしかたが正しいと思い込んでいて

そういう気遣いまでは出来ていなかった気がします。

 

時々私を笑わせようと

飼っていたハムスターの真似をしてくれたMちゃん。

その滑稽な様子がツボに入り、私が思わず笑ってしまうと

嬉しそうに何度もやってくれていました。

本当はとっても私に気を遣ってくれてたんだろうな。

 

それから「まあ、いいか」の言葉は

「いい加減」な言葉ではなく

「良い加減」の言葉になって

張り詰めた気分のときの「癒やし」の言葉になりました。

 

無理をする必要がないとき、少し心を落ち着けたいとき

「~しなければならない」という思いから解放されるために

敢えてつぶやくのです。

 

もちろん、責任感もなく途中で放り出してしまうような

そんな意味では使いませんけどね。

 

 

f:id:mannaka2:20201128215801j:plain

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村