まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

『父は空 母は大地』の絵本より

『1854年アメリカの第14代大統領フランクリン・ピアースは

インディアンたちの土地を買収し居留地をあたえると申し出た。

1855年インディアンの首長シアトルはこの条約に署名。

これはシアトル首長が大統領に宛てた手紙である』

 

ワシントンの大首長が 土地を買いたいといってきた。

どうしたら 空が買えるというのだろう?
そして 大地を。
わたしには わからない。
風の匂いや 水のきらめきを
あなたはいったい どうやって買おうというのだろう?

わたしが立っている この大地は
わたしの祖父や祖母たちの灰から できている。
大地は わたしたちの命によって 豊かなのだ。


それなのに 白い人は
母なる大地を 父なる空を
まるで 羊か 光るビーズ玉のように 
売り買いしようとする。
大地を むさぼりつくし
後には 砂漠しか残さない

大地は わたしたちに属しているのではない。
わたしたちが 大地に属しているのだ。

絵本『父は空 母は大地』(寮美千子・編訳 篠崎正喜・画 パロル舎刊)

 「父は空 母は大地」の全文はこちらをごらんください。

 

私は以前から、地球上のこの土地を切り売りするという考えが

どうしても理解出来ませんでした。

いったいこの地球を誰かのモノなんて

どうして考えられるのでしょうか。

 

インディアンの首長シアトルの嘆きや悲しみが

痛いほどに伝わってきます。

現代人である私にも・・・。

f:id:mannaka2:20201025143148j:plain

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

 もう随分と前の話になります。

東京で開催される、とあるイベントに参加するついでに

久しぶりに知り合いに会うことになりました。

その知り合いが友人を連れて来るということで

私は快諾し、初めて会ったその女性でしたが

何となく私を見るなり、何か言いたそう。

 

で彼女の話を聞いてみると

最近よく見る夢があって

その夢に何と!私が登場していたらしいのです。

それも顔は私らしいのですが

姿はネイティブインディアンなのだそう!

 

私がインディアンの姿で知らない人の夢に登場していたなんて

向こうは向こうで驚かれたでしょうが

私もまたびっくりです。

よほど何かのご縁があった方なのでしょうか。

 

まあ、その日はいろいろ盛り上がったのですが

夜になり恵比寿の駅で、ではまた・・・と

お別れしたきり、二度とお会いする機会もなく

今に至ります。

長く生きていると時々思いがけない体験をします。

 

夢にまつわる面白い話は他にもありますので

少しずつこのブログでご紹介したいと思います。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村