まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

引き寄せの法則はあるのか?

「引き寄せの法則」もしくは「思考の現実化」

と言われるものが

スピリチュアルのカテゴリーに入るのかは疑問ですが

私なりに、この二つのテーマについて考えてみました。

 

ということで、引き出した答え?を先に言うと・・・

それは『神のみぞ知る!』です(笑)

ちょっとずるい答えでしょうか。

どうして『神のみぞ知る』なのかは

ただ単に自分の体験から引き出したに過ぎません。

 

この出来事って、ひょっとしたら引き寄せたのかな

と思い当たることや(良いこと悪いことも含めて)

思考が現実化した、としか思えない出来事もあるので

肯定したい気持ちがないわけではありませんが

逆に、そうではない現実もたくさんあるからです。

 

誰もが簡単に引き寄せや思考の現実化が出来るのなら

今のように多くの方たちが、本やセミナーやYouTubeなどで

それらについて発信してはいないでしょう。

 

こうすれば、引き寄せはうまくいく

こうすれば、思考は現実化出来る

こうすれば、望み(願い)通りの人生が送れる

そんな情報を求めている人は多いのでしょう。

 

そうそう私の体験の話です。

引き寄せのコツとしてよく言われているのが

その引き寄せが叶った気持ちに存分に浸って

幸せな気持ちになること。

それも未来形ではなく、現在形もしくは過去形で・・・。

 

なるほど、なるほど

引き寄せの言葉もなかった10代の頃から

無意識に実践していましたよ。

中学生のときに読んだ大好きな本

(アーサー・ランサム全集という12冊の児童書)

の舞台であるイギリスの湖水地方に行くのが私の夢でした。

(その湖水地方はピーター・ラビットで有名です)

 

で、実際にその湖のそばに立った自分を想像したんです。

それはもう自分だけの妄想の世界。

自分が描き出した世界があまりに素晴らしくて

涙が出ることもありました。

よし、大人になったら必ず湖水地方に行く!

そう決心して、実際行くことになるのですが

その夢が叶ったのは、それから約25年後のこと。

これって引き寄せたことになるのでしょうか。

 

あと一つ、ずっと思い描いてきたのが

『秘密の花園』という本に出てくるような

イングリッシュガーデンの庭を手に入れること。

いつかはこんな家に住む、というような家の理想ではなく

こんな庭が欲しい、というのが私の夢でした。

 

もちろん暇さえあれば、ずっと妄想の世界です。

必ず植えたいのが「ハナミズキ」

それも白とピンクの花が咲く樹を1本ずつ。

春には「スノードロップ」「ムスカリ」「ビオラ」を中心の花壇を

考えて・・・と具体的に頭の中で出来上がっていく広大な庭。

私一人で管理するのは大変だから、園芸に詳しい人を雇おう!

 

これも必須の条件でした(笑)

どれだけ余裕の生活なんだか!

その人と話し合いながら理想の庭を作っていく

今思い出してもうっとりするほどの夢でした。

 

さらに妄想は拡がり、実際には庭などないのに

一年間、園芸専門の雑誌を購読しました。

肥料のこと、土作り、植え替え、鉢の種類

さまざまなことを勉強したのです。

勉強というより、それらの情報に触れることは

楽しくて夢見心地の時間でした。

 

その後のお話になりますが

数年間園芸関係の仕事に就くことにはなりました。

(これは望んでのことではなかったのですが)

 

さて肝心の、妄想の世界で作り上げた私の庭ですが

結局マンション住まいなので手に入れてはいないのです。

ベランダで少しばかりのお花を育てたりはしてますが・・・。

 

イングリッシュガーデンの夢は叶っていないものの

特に残念にも思ってないのというのが

実は本音なのかも。

 

 

f:id:mannaka2:20201014121744j:plain

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ