まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

今日も前世の話

前世に関する話をもう少し・・・。

昨日書いた内容とは違って、前世が視える方から聞いたお話です。

意外と前世が視えるって方は多いようですね。

そういう方と知り合えたのは、有り難いことです。

 

事実であるかどうかは別にしても

別の時代に違う人生もあったと捉えるほうが

楽しいかもしれません。

 

さて、かなり前になりますが

ヨガに興味があって習ったことがあります。

(残念なことに、すぐやめてしまいましたが)

そのスタジオで前世を視てもらったことがあるのですが

何とイタリアで修道女だった!らしいのです。

時代は十字軍の頃ではないかと思われます。

争いがずっと続いていて、負傷した兵士たちを看護する仕事を

していたのだそうです。

(当時はまだ看護師という仕事はなかったらしい)

で、いったいいつまで争いが続くのだろう

自分にこの争いを止める力がないのが悔しい

とこの世の無情を感じていたとのこと。

 

この内容を教えていただいて、実は私まったくピンと来なかったのです。

逆に、本当なのかな、と疑いを持ってしまったほど。

ふ~ん・・・で終わってしまった記憶しかありません。

 

(ただ、関係あるかどうか分かりませんが

小さい頃から、ある情景が浮かぶことはありました。

イタリアかどうかは、はっきりしないものの

地中海地方独特の青い海と白壁の町並み

狭い通路が続いていて、その中を私は走っているのです。

これが、ひょっとしたら

前世の記憶と言えるのかもしれません)

 

ところが、ところがです←(強調したい感半端ないですが)

それから5年は経過していたと思います。

私は今も親しくしている友人と二人で

あるイベントの手伝いに行って、そのイベントの参加者の方から

同じ内容のことを言われたのです。

 

その方は書道家なのですが

前世やオーラなどが視える方だったらしく

私と友人に向かって

「あら、今回もご一緒だったんですね」

と声をかけられました。

私は前にお会いした記憶もなかったので、???の状態。

すると

「お二人は前世でもご一緒で、修道女をされてましたよ」とのこと。

何年も前に言われたことと同じことを言われたのです!

 

それはそれは驚きました。

同じ内容を違う方から言われたことで

そういう前世もあったのかもしれない、という

気持ちになりました。

 

実は前世でも一緒だったという友人とは

知り合って十数年経ちますが

お互いにとって、なくてはならない存在です。

時々会って、いろんな思いを話すのですが

その後は本当に心身ともに楽な気持ちになります。

たぶんエネルギーの循環が起きているのだと思います。

縁があるって前世からの繋がりなのかもしれませんね。

 

f:id:mannaka2:20201010141125j:plain

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ