まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

私の体験 前世の記憶かもしれない

前世について私の体験を書いてみます。

私は前世ってあったら面白いなあ、というくらいの

スタンスなので、そんな前世なんてないよ

と思ってらっしゃる方は、それでいいと思います。

 

初めて前世を意識したのは中学生の頃です。

その時代に前世という言葉が使われていたかどうか

定かではないのですが。

 

もともと国語の教科は好きでしたが

初めて古典の授業を受けて、その言葉遣いの美しさに

魅了されました。

「こそ~けり」「~たりける」「いとをかし」

なんて美しい日本語なんだろう、と。

 

万葉集、枕草子、古今和歌集、源氏物語、土佐日記、古事記

他にもたくさんの古典があります。

言葉の言い回しが現代人からすれば少々面相臭いようにも

感じられますが、そこが私にとっては魅力でもありました。

 

その日は枕草子の授業でした。

あの日の教室の風景が今もモノクロの写真を見るかのように

浮かんできます。

 

枕草子は「春はあけぼの・・・」で有名ですが

別の段で「五月ばかりなどに」という歌があります。

ここでは本文は略しますが

五月の頃に山里を牛車で移動するときの歌で

草葉も水も青く一面に見えている中

きれいな水がはね上がるのは趣がある

というような内容です。

 

で、この歌を目にした瞬間

私はこの時代にタイムスリップしたような感覚になりました。

教室の風景はそのままで、重なって牛車が水草を跳ねる

映像が浮かんだのです。

 

さらに跳ねた水が左の頬にピッと飛んできた感覚もありました。

あっ!冷たい、水の感覚があまりにリアルで

思わず自分の左の頬を触りました。

あれっ?濡れてない?

 

f:id:mannaka2:20201009123749j:plain

 

どこか懐かしいような古い思い出のような・・・

この瞬間、私はこの歌の時代に生きていたんだ!

という確固たる思いが生まれたのです。

そんな思いを当時は胸に秘めたままで

誰にも話すことはありませんでした。

 

それから長い時間が経ち、大人になり

スピリチュアルな話が出来る友人たちと

あるイベントで集まったときに

その思い出を話したことがあります。

 

そのとき、近くにいらっしゃったヒーリングや

チャネリング能力のある方が私に向かって

「当然じゃあないですか、その時代にあなたは公家だったんですよ」

と言われたのです。

驚きと同時に、自分が感じていたことが確信に変わり

ホッとしたことを覚えています。

 

本当に公家だったかどうかはどうでもいいのです。

あの頬に当たった水の感覚は、今でも思い出され

私を幸せな気持ちにさせて

生きることの意味を考えるきっかけをくれるのです。

 

f:id:mannaka2:20201009134538j:plain

 

ブログランキング・にほんブログ村へ