まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

甘柿、渋柿、不完全甘柿って?

10月に入りさらに秋らしさが増してきたこの頃

秋と言えば、果物が美味しくなる季節ですが

私の大好きな柿は、この季節しか食することが出来ません。

もちろん、冬まで出回る柿もありますが・・・

 

柿にいろんな種類があって、面白いなあと

思うようになったのは、ここ数年前からです。

もちろん柿以外の果物も、たくさんの品種はあって

それぞれに特徴があり

リンゴだったら購入するときにお好みで

「フジ」がいいなあ、とか今日は「王林」にしょう

など、その時の気分で選んだりします。

梨などもそうかもしれません。

 

それでは柿はどうでしょうか?

柿を選ぶとき、品種で選んでいますか?

というより、地域によって出回る品種は違うので

選べるほどはないのが現状かもしれません。

甘柿、渋柿の種類は認識していましたが

何と、不完全甘柿なるものがあるそうです。

種が多く入ると渋みが抜ける柿のことで

渋抜きをして出荷されてるようです。

 

私が好きな品種に「太秋(たいしゅう)」という柿があります。

この柿を知ったのは、5年ほど前になります。

わりと大きめで、見た目はまだ緑色が強く

傷のようなものもあり、買うのをためらっていたら

お店の方が、見た目と違って美味しいですよ、と

おススメして下さり、買ってみました。

 

で、食べてびっくり!

とても甘くて美味しい柿だったのです。

傷のように見えたのは、条紋といって

糖度が高い部分に表れるそうです。

さっきググってみたら、主な産地は福岡熊本だそう

だから私も手に入れることが出来たのですね。

旬は10月半ばから11月半ばということです。

産地に住んでいるとはいえ

スーパーには置いていないことも多く

私はJA系の産直のお店で買っています。

 

 f:id:mannaka2:20201005152121j:plain

(写真の柿は直径10㎝、300gで180円でした)

 

 

果物として食べるのはもちろん

お料理として、白和えに入れたり、ポテトサラダに入れたり

アイデア次第では、たくさん活用の道があります。

おまけに柿に含まれるビタミンCの量は

日本人がよく食べる果物の中ではトップクラスで

風邪予防、美肌効果もあって、良いことづくめ!

 

今日は柿について、熱く語ってみました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ