まんなかで・・・

サラサラと流れる川のごとく中庸で生きていけたらいいですね

「音」の響きに惹かれること、ありませんか

ときどき観るクイズ番組にて 「ティ(チ)グリス川とユーフラテス川の流域で発生した文明は?」 という問題が出されていました。 もちろん答えは「メソポタミア文明」ですが そこで思い出したことがありました。 私がこの「メソポタミア」という音が大好きだ…

ささやかな喜びを感じるとき

その日も、いつものようにウォーキングに出かけました。 たいてい家を出る時間は決まっていて いつものコースを黙々と歩いていくのですが 前方から来られる女性の方が とても楽しげで軽やかな足取りであることに気付きました。 帽子も被っていらっしゃるし、…

冬が来れば思い出す・・・

今年は、めずらしく福岡でも雪が積もる日がありました。 近年にしてはめずらしいことですが 私が子どもの頃は、今よりも、もっと雪も降って積もっていた気がします。 家の軒先には「氷柱(つらら)」が下がり 霜柱をザックザックと踏んで登校することもあり…

私が「スピリチュアル」から得たもの

久しぶりに、スピリチュアルについて書いてみようかと思います。 そもそもスピリチュアルって何ですか?ってことですが 誰もがよく使う言葉でありながら、実はその定義は曖昧なままです。 Wikipediaによると「霊的」、またほかでは「見えない世界」のことな…

太宰府といえば・・・「梅が枝餅」そしてパワースポットもあります

「太宰府天満宮」は全国の天神様をお祀りする神社の総本宮です。 ちょうど受験シーズンの今頃は観光客で大賑わいなのでしょうが 今年はどんな様子なのでしょうか。 太宰府天満宮の飛梅 『梅は食うとも核(さね)食うな 中に天神寝てござる』 ということわざ…

後ろ髪を引かれる、を身体で体験したこと

今日は「諺(ことわざ)」「格言」「四字熟語」などについて 書くつもりでしたが、その故事に関係するような ある出来事を思い出したので、それを書いてみようと思います。 かなり古い話になりますが、お付き合いいただけたら嬉しいです。 以前の記事でも少…

私にとっては究極の断捨離だったこと

『断捨離』に興味を持つ人も多いと思います。 そもそも『断捨離』の意味は モノへの執着を捨てる、というヨガの思想に基づき作られた言葉ということで 「断行」「捨行」「離行」という教えの接頭字だとか。 「断行」とは、入ってくる不要なモノを断つ。 「捨…

人は言葉によって創られている

『始めに言葉ありき』 皆さまご存知の通り、新約聖書の「ヨハネによる福音書」の 冒頭の記述を日本語に訳した表現となっています。 その解釈は幾つかの説があるようなので 受け取り方は違っていいと思いますが いかに『言葉』が大切か、ということだけは言え…

ブログに寄せる思いをつらつらと書いてみました

過去の記事でチラッと書いたと思いますが ブログを書くのはこの「はてなブログ」で4回目となります。 以前のブログは、はてなさん以外でやっていました。 初めてのブログはたぶん2005年ぐらいだったでしょうか。 今と変わらず日々の雑記ブログでしたが …

生きることを楽しめる『達人』を目指すことにする

ほんの数日前のことなのに、2020年は すでに去年になってしまいましたね。 大晦日は恒例の紅白歌合戦は録画しておき 興味がないアーティストのときは早送り、じっくり観たいときは 再生ボタンを押しての繰り返しで楽しみました。 例年に比べて今回は無観…